雑貨の意味とは?種類、日用品やアクセサリーとの違い、選び方を解説

小物・雑貨

雑貨の意味とは何か、みなさんはご存じでしょうか?

雑貨にも様々な種類のものがあり、日用品やアクセサリーなど似ている言葉との意味の違いがあります。

今回は、雑貨の種類や似ている言葉を解説しながら、自分にマッチした雑貨の選び方までご紹介します。

この記事を読むことで、よい雑貨、自分好みの雑貨に出会えるノウハウが学べます。ぜひ参考にしてください。

01| 雑貨の意味とは?

雑貨の意味は、以下のような定義があります。「雑貨品」などという言葉で使われるときもあります。

(1) 産業分類の一つ。金属洋食器,ライター,ハンドバッグ,靴,履物,運動用具,文房具,玩具などのように小規模の業種で,他の産業分類に入りにくいものをまとめて呼ぶ。軽工業が中心で,産業の発展段階からみて初期の頃から登場し,通常,中小企業の製品が多い。 (2) 日常生活で用いる家庭用品,携帯品などの総称。

引用:雑貨(読み)ざっか(英語表記)miscellaneous goods – コトバンク

ただこれだけの説明ではわかりにくいところもあると思うので、類似の言葉との違いを明らかにしていきます。

雑貨と日用品の違いとは?

日用品

まず日用品の定義なのですが、日用品とは毎日の生活に必要な品物という意味があります。

毎日の生活に必要な品物。

引用:  にちようひん [0] 【日用品】-weblio辞書

つまり雑貨と日用品の間には違いがあるというよりは、雑貨は日用品の1種類であると考えた方が良いでしょう。

雑貨の具体例としては金属洋食器,ライター,ハンドバッグがありますが、これらは毎日の生活に必要な品物です。

日用品の中には食べ物といった雑貨以外のものも含まれますので日用品よりは幅広い定義を持っていると言えるでしょう。

雑貨とアクセサリーの違いとは?

雑貨とアクセサリーの違いとは?

皆さんにとってアクセサリーとは、ネックレスやブローチやブレスレットのような装身具類をイメージされるのではないでしょうか。

アクセサリーの定義とはこちらです。

本来は補助物,付属品の意であるが,服装ではそれ自体が独立した機能をもちながら,同時に主体となる衣服を着る際につけ加える品目の総称。すなわち広義には靴,バッグ,ネックウエア,帽子,手袋,宝石類など,着装を完成させるすべての物品を含み,狭義にはネックレス,ブローチ,ブレスレット,イヤリング,指輪などの装身具類のみに限定される。

引用: アクセサリー (英語表記)accessory – コトバンク

こちらで扱われている狭義の意味でも、広義の意味でもどちらでも雑貨が持つ意味にそのまま当てはまっています。

靴やバッグ、ネックウェア、ネックレスやブローチは全て雑貨の定義に当てはまりますので、雑貨の一つの種類にアクセサリーがあると考えて良いでしょう。

02| 雑貨が求められている理由

続いては雑貨が求められている理由について説明します。

近年雑貨が人気の理由としては以下のような理由が挙げられます。

  • 北欧雑貨の流行
  • 安く手に入るお手頃感
  • リモートワークでの巣篭もり需要

北欧雑貨の流行

北欧雑貨

北欧雑貨が日本で非常に流行してから長い月日が経ちました。しかしながらその流行はいまだに衰えることなく、一つのカテゴリーとして日本で定着しています。

北欧デザインは洗練されたシンプルさや質素ながらも温かみのあるハンドメイド感が特徴的です。その感性が日本人の文化と相まって2010年代に一気に流行しました。

それまで何気なく雑貨を選んでいた人たちがどこの国の雑貨なのか、どんな特徴の雑貨なのかをより詳しく考えるキッカケになった例です。

これを一つの理由に雑貨によりこだわりを持つ日本人が増えていきました。

安く手に入るお手頃感

安く手に入る手頃感

雑貨の特徴は安く手に入ることです。
1万円もあればおしゃれな雑貨を取り揃えることができます。

バブルの頃には今ほど雑貨の人気・こだわりはありませんでした。

バブル時代にはいくらお金を使えるかといった派手さが好まれ、今日の雑貨のように質素ながらのデザインは好まれなかったでしょう。

不況と言われる今だからこそ雑貨は求められているのです。

在宅ワークによる自宅の整備

在宅ワーク 必要

コロナや在宅ワークの影響でより家の中のインテリアや玄関先に置くような小物雑貨にこだわる人が増えてきています。これによって自宅の内装をこだわる社会人は劇的に増えてきました。

またビデオ会議で自宅を映す時に部屋が綺麗であることは重要です。

お部屋の重要性を増している今だからこそ雑貨は求められているのです。

03| 雑貨の種類・カテゴリー

先ほど「雑貨」についての定義を確認したように、雑貨にはかなり幅広い意味が含まれています。

そこで今回はよりわかりやすくするために雑貨をカテゴリー別にまとめました。

キャラクター雑貨

キャラクター雑貨は日常に癒しや安らぎを与えてくれますよね。

子豚LULU

これだけかわいい雑貨が家で毎日出迎えてくれたり、キーホルダーとして一緒についてくれたりしたら見ているだけで元気になれそうです♡

服飾雑貨

服飾雑貨とはバッグや靴、アクセサリーなどファッションに属する衣類以外の小物を指します。

生活 雑貨

例えば他にも帽子やマフラー、ヘアアクセサリー、時計など身に纏うようなものが挙げられます。

生活・日用雑貨

日用雑貨とはその名の通り、日用的に用いられる雑貨のことを言います。

生活 雑貨

例えばスプーンなどの金属食器や文房具はもちろんのこと、バッグのような雑貨も含まれます。

インテリア雑貨

インテリア雑貨とは、こちらもその名の通りインテリアに用いられる雑貨のことです。

インテリア 雑貨

例えば、玄関先や机の上に置くかわいい小物や、おしゃれなティッシュケースなどもインテリア雑貨に当てはまります。

小物雑貨

小物雑貨は雑貨の中でも小さい物を指します。

<a href="https://pixabay.com/ja/users/brotherbae-198944/?utm_source=link-attribution&utm_medium=referral&utm_campaign=image&utm_content=2113528">SeongChan Bae</a>による<a href="https://pixabay.com/ja/?utm_source=link-attribution&utm_medium=referral&utm_campaign=image&utm_content=2113528">Pixabay</a>からの画像

例えば、アクセサリーのような服飾雑貨の中でも小さいものは小物雑貨に分類されますし、玄関先に置くかわいくて小さい雑貨も小物雑貨と呼べるでしょう。

アウトドア雑貨

最近ではキャンプやアウトドアの人気が非常に高まっています。

日本オートキャンプによると2019年時点でキャンプを楽しんだ人数は、7年連続で増加しているようです。

キャンプ・アウトドア雑貨

そんなキャンプやアウトドアで何を持っていくのかにも注目が集まっていまして、アウトドア雑貨は大盛り上がりを見せています。

04| 雑貨の選び方

雑貨をプレゼント用に選んだり、自分の部屋を彩るために選んだり、雑貨は選ぶ時のシーンや条件、テーマなんかで最適な商品がそれぞれ異なります。

また近年では豊富な種類が雑貨にはあるので決めるにも一苦労するのではないでしょうか。

そんな雑貨のおすすめの選び方を紹介したのがこの記事です。

雑貨・小物のおすすめの選び方 – チェクポイントを一挙公開!

ここではその選び方のダイジェスト版として、重要な点をいくつかピックアップしています。

  • 雑貨の種類で選ぶ
  • 雑貨のテーマ・テイストで選ぶ
  • 最後のチェックポイント| 金額・大きさで選ぶ

雑貨の種類で選ぶ

雑貨の種類は先ほど紹介したように服飾雑貨や生活・日用雑貨、インテリア雑貨、小物雑貨といった種類があります。

まずこの中からどのような雑貨を自分は欲しいのか選んでみると良いかもしれません。

雑貨のテーマ・テイストで選ぶ

買うべき雑貨の種類が決まったら次は買うべき雑貨のテーマや種類を絞ってみるのが良いでしょう。

雑貨には様々なテーマがありますがここでは代表的なテーマとそのテイストに近い国の雑貨を少しだけ紹介します。

シンプルで洗練された雑貨-北欧雑貨

部屋や食器をおしゃれな印象でまとめたい、またはそのような商品をプレゼントしたいと考えている方には北欧雑貨がおすすめです。

北欧 インテリア

北欧では厳しい寒さが特徴の場所なので、部屋に蝋燭や炎の明かりが多く取り入れられていました。その寒さの中で、温かみの感じる雑貨を追求し、質素ながらもシンプルで洗練された雑貨が数多く作られています。

ゴージャスで優雅な雑貨-フレンチ雑貨

エレガントで少し優雅な雑貨を取り入れたいと考えている方にはフレンチ雑貨がおすすめです。

フランス 雑貨

フランスといえばあのマリーアントワネットのような優雅で美しい貴族文化が栄えた国。服飾雑貨やインテリア雑貨にも優雅なものが多いことが特徴です。

大人っぽくレトロな雑貨-イギリス雑貨

大人っぽい特徴として、洗練され、そして確実にインパクトに残る雑貨を選びたいならイギリスの雑貨を覗いてみると良いでしょう。

イギリス 雑貨

イギリスは紳士の国であり古王国です。大人っぽい印象や当時の強さを反映するようなインパクトに残る雑貨が多く生まれてきました。

最後のチェックポイント| 金額・大きさで選ぶ

買う雑貨の種類やテイストが決まれば商品のほとんどが決まったようなところですが、最後購入前にチェックしたいところとして金額や大きさがあります。

雑貨の金額

まずは購入したい商品と自分の予算とを照らし合わせましょう。

予算をオーバーしていたら「安い 雑貨」や「プチプラ 雑貨」と検索してみたり、通販サイトの中で価格の上限を絞って検索してみたりするのがオススメです。

お安い雑貨が気になる方はこちらの記事も是非参考にしてみてください♡

お安い値段で揃えよう!1000円以内の雑貨・小物カテゴリー9選

雑貨の大きさ

雑貨の大きさも確認することもお忘れのないように!
雑貨を置く位置をまずは測ってみて大まかな大きさを把握することが大切です。

失敗して驚きを隠せない顔!

購入してから大きさが違うことがわかってしまうことほど悲しいことはありませんよ。

05| おすすめの雑貨

おすすめの雑貨を見てから決めたいという方のために、トレトイマガジンから厳選したおすすめ記事を紹介します!!

かわいい小物をお探しの方にはこちら!

かわいい雑貨や小物は普段使いからプレゼントにまで幅広く使えて日常に癒しを与えてくれます。

また、かわいい雑貨、小物は色々と見て飽きないですよね。しかしどうしても種類が多く、選ぶのに苦労してしまうもの。

こちらの記事では大人かわいい雑貨・小物や、韓国で話題の雑貨・小物などカテゴリーごとに幅広く紹介しています。この記事は見れば女の子向けの雑貨・小物を選ぶ上できっと役に立ちますよ!

かわいい雑貨や小物20選 – 悩める女性にすべてを教えます!

プレゼントにおすすめの小物をお探しの方にはこちら!

女性向けのプレゼントを選ぶときにはセンスはとても重要。でもセンスのあるプレゼントを選ぶことは簡単ではありませんよね。

今回はプレゼントとして喜ばれる女性向けの雑貨をカテゴリーごとにまとめてみました。日用雑貨や、キャラクター雑貨といった種類だけでなく、北欧雑貨や韓国雑貨などのおすすめの国ごとにも分けています。

また、誕生日向けやお安いものまでなんでもまとめました!

これを読めば女性に向けた雑貨や小物のプレゼントで迷うことなしです♪

悩んだらこれ!女性向けプレゼントにおすすめの雑貨・小物まとめ

まとめ

皆さんいかがだったでしょうか。

雑貨の意味や雑貨が求められている理由、雑貨の種類、選び方についてわかったでしょうか??

今回の記事で雑貨についてきっと詳しくなれたことと思います!

雑貨について迷った時にはもう一度この記事に立ち返って探してみましょう!